ガルーダのマイルは事後登録できるの?後日加算(後付け)する方法!【裏技も公開】

ガルーダ,マイル,マイレージ,事後登録,後日加算,後付け

 

ガルーダ・インドネシア航空を使ってバリ島に旅行したり、ジャカルタに出張に行ってきたりした後に

 

「そういえば、後からマイルって加算してもらえるの?」

 

と疑問が???

 

ガルーダのマイルの後付けが出来るのであればしたいですよね!

 

実はできるのですが、いくつか条件があります。

 

たぶん、条件に該当しない人が多いのではと思います。そのときの裏技もお教えします!

 

事後加算の申請できる条件

事後加算の申請はができる条件は、「会員登録後に搭乗された便」であること。さらに、「かつ出発日より6ヶ月以内の便」に限ります。
つまり、搭乗するまでにガルーダ マイレージ(マイル)の入会しておく必要があります。

 

そもそも、事項登録するケースとしては3つあると思います。

 

1.未加算マイルの請求(マイルが自動的に記録されなかった場合の請求)

 

マイレージは通常フライト出発日より約1週間で口座に加算されますが、約1週間経過後しばらくしても正しく反映されていない場合。
「出発日より6ヶ月以内の便」であれば可能です。

 

2.ガルーダのマイレージに入会していたけど忘れた

 

当日、ガルーダのマイルを持って行くのを忘れたり、チェックインのときに渡すのを忘れたりしたケース。
「出発日より6ヶ月以内の便」であれば可能です。

 

3.ガルーダのマイレージに入会していなかった

 

ガルーダのマイレージ(マイル)に入会していなかったけど、「今回バリ島に行って、とても気に入って、また来年も行きたくなった。せっかくならマイルを貯めよう!」と思ったケース。たぶん、このケースが多いのではないでしょうか?
残念ですが、加算できません。しかし裏技があります(後ほどお教えします)

 

マイルの事後登録方法

マイルの事後登録方法は、全部で3通りあります。

 

1.サイトで登録
ガルーダマイルズのサイトにログインし、お客様会員情報から申請する。(英語だけど日本語での解説あり)

 

2.メールで送る(英語対応)
未加算マイル請求書(PDF)をダウンロードして、必要事項を記入する。さらに旅程確認書(eチケット控え)と搭乗券をメールで送る(英語での対応)

 

3.郵送する
未加算マイル請求書(PDF)をダウンロードして、必要事項を記入する。さらに、旅程確認書(eチケット控え)と搭乗券を、ガルーダ・インドネシア航空の各支店に郵送する。(日本の場合、東京支店か大阪支店がある。)

 

まとめ

●ガルーダマイルの事後登録は可能

 

●搭乗するまでに、ガルーダ マイレージ(マイル)の入会しておく必要がある

 

●「出発日より6ヶ月以内の便」であること

 

ガルーダ,マイル,マイレージ,事後登録,後日加算,後付け

マイルが自動的に記録されなかった場合の請求やマイルのカードを忘れたなどの場合は、英語のページを見て、請求書をダウンロードして必要事項を記入したり、郵送やメールでeチケットの控えを送る必要があったり、結構面倒くさい。。。

 

さらに、ガルーダのマイレージに入会していなかった場合は、マイル事後登録はできません。

 

実は、裏技があります!ANAのマイレージに加算することができるのです!

 

ANAのサイトには『事後登録申請はご入会申込の手続きを完了している方が対象になります(事後登録申請のみではご入会申し込みにはなりません)。』とあります。

 

つまり、ANAのマイレージに入会していない!という方でも、入会申込手続きを完了させてから、事後登録申請をすれば(搭乗後6カ月以内)、ANAのマイルを獲得することができます。

 

ガルーダのマイレージに入会している場合で、事後登録しようと思っている方も、これを機にANAのマイレージを貯める方法に変えた方がお得です!

 

私もガルーダで30000マイル貯まっていましたが、やめてANAのマイルに切り替えました。
理由は「ガルーダのマイルを特典航空券と交換する方法と必要マイル数」をご覧ください(この記事を最後まで読むと、ガルーダのマイルを貯めるのやめると思います)。

 

ガルーダのマイルに入会していなかったのでANAのマイルを貯めようという方は「ガルーダ・インドネシア航空でANAのマイルを貯める方法を公開」をご覧ください!