【2018年版】ANAのマイルを貯めるためのオススメの《最強》クレジットカード【チャートで簡単にわかる】

ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

「バリ島への特典航空券を獲得するために一番オススメのクレジットカードを知りたい」

 

「でも、無数にあるクレジットカードをで、どれを使ったらいいかわからない」

 

と思っていますよね?

 

正直、世の中には数え切れないほどの数のクレジットカードが存在します。
自分で調べるとなると、何日もかかり、結局、「何がいいかわからない」となると思います。

 

ここでは、ガルーダインドネシア航空を利用し、ANAマイルを貯める人にとって最もオススメのクレジットカードをお教えします。

 

この記事を読むと、あなたに最適なクレジットカードがチャートで簡単にわかります!そして何をしたらいいかもわかります。

 

「日頃、飛行機(ANA便)を利用しない方」にオススメのクレジットカード(厳選1枚)

ガルーダに載ってANAマイルを獲得するだけでは、なかなか特典航空券などをもらえるまで貯めるのは難しい。

 

ですので、日頃のお買い物にANAのクレジットカードを使ってANAマイルを貯める必要があります。

 

ANAカードも色々種類があり、どのカードがいいか迷います。

 

ANAの便にあまり搭乗しない方は、効率よくANAのマイルを貯めるためにポイントサイトの利用は必須なので、選択肢は1枚だけです!

 

ズバリ《最強の》オススメのカードは

 

「ANA To Me CARD PASMO JCB」

(通称ソラチカカード)

ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

・年会費は初年度無料。2年目以降2160円。(家族会員は1080円)

 

・入会,継続時のボーナスマイル → 1,000マイル

 

・搭乗時のボーナスマイル → 10%

 

・日々のお買い物 → 1,000円=5マイルor10マイル

 

ポイントサイトで貯めたポイントをメトロポイント経由でANAマイルに交換するのに、必須のカードなので、ANAカードの中で一枚持つならこのソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)で決まりです。

 

(参考)
ちなみに、付帯の海外旅行保険の補償は充実していません。

 

ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

ANA,マイル,クレジットカード,オススメ
ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

海外旅行での
「傷害の治療費用」→なし
「疾病の治療費用」→なし
「賠償責任」→なし

 

しかし、このカードはの目的は主に2つです。

 

・日頃のお買い物にANAのクレジットカードを使ってANAマイルを貯める。

 

・ポイントサイトで貯めたポイントをメトロポイント経由で一番高い交換率でANAマイルに交換する。

 

ですので、このカードで海外旅行保険の補償内容は気にしないでください。

 

あとで、海外旅行保険が充実したクレジットカード(しかも入会金・年会費が永年無料)をご紹介するのでご安心ください。(こちらのカードにプラスして加入する形になります)

 

「ANA To Me CARD PASMO JCB」(通称ソラチカカード)の申し込みキャンペーンも開催中ですので、お得ですよ!!

 

「日頃、飛行機(ANA便)をよく利用する方」にオススメのクレジットカード(厳選1枚)

ガルーダに載ってANAマイルを獲得するだけでは、なかなか特典航空券などをもらえるまで貯めるのは難しい。

 

ですので、日頃のお買い物にANAのクレジットカードを使ってANAマイルを貯める必要があります。

 

ANAカードも色々種類があり、どのカードがいいか迷いますよね?

 

付帯のサービスが充実しているカードはたくさんあります。ダイナースクラブカードとかアメリカン・エクスプレスゴールドカードとか。

 

でも、年会費に3万円以上出せますか?(なかなか出せないですよね)

 

それであれば、搭乗ボーナスマイル、ショッピングマイル、付帯の保険の補償内容の充実度などを考慮すると限られてきます。

 

飛行機(ANA便)をよく利用する方は、こちらのカード一枚でOKです。

 

「ANA VISAワイドゴールドカード」

ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

・年会費15,120円。(家族会員は4,320円)
・入会,継続時のボーナスマイル → 2,000マイル

 

・搭乗時のボーナスマイル → 25%

 

・日々のお買い物 → 1,000円=10マイル

 

さらに
・空港で → ビジネスクラス専用チェックインが使える。空港免税店10%OFF。

 

・提携ホテルで → 朝食・ウェルカムドリンクあり。

 

・付帯保険 → 一般カードに比べて大幅にアップ。

 

・ANAマイル移行 → 無料

 

日頃のお買い物でも1,000円=10マイル(一般カードの2倍)がもらえるし、飛行機(ANA便)搭乗時には、プラス25%のボーナスマイルがもらえ、入会・継続時のボーナスマイルも2,000マイルもらえます。

ちなみに「ANA VISAワイドカード」(年会費7,830円)と迷うかもしれませんが、ショッピングをしたときにもらえるマイルを「ANA VISAワイドゴールドカード」と同じ1,000円=10マイルにしようとすると移行手数料(年間/税込) 6,480円がプラスでかかり、合計14,310円かかるので、ほとんど変わらなくなります。

 

それなら「ANA VISAワイドゴールドカード」の方が付帯保険の補償も比べ物にならないほど充実しているので、「ANA VISAワイドゴールドカード」にした方がお得です。この他にも特典があるので。

 

日頃、飛行機(ANA便)をよく利用する方は、ANAカードの中で一枚持つならこの「ANA VISAワイドゴールドカード」で決まりです!

 

ポイントサイトを利用しなくてもマイルは貯まるので、このカードのみでOKです。

 

※もちろん、ポイントサイトも併用すると、さらに効率よくANAのマイルを貯めことができますので、ポイントサイトも使うという方は、先ほどご紹介した「ANA To Me CARD PASMO JCB」と2枚持つことをオススメします。

 

(参考)ちなみに、付帯の海外旅行保険の補償も充実しています。
ANA,マイル,クレジットカード,オススメ
ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

本会員は
「傷害の治療費用」→300万円
「疾病の治療費用」→300万円
「賠償責任」→1億円

 

しかも、「家族特約」も付いているので、家族も「傷害の治療費用」200万円、「疾病の治療費用」200万円、「賠償責任」2,000万円の補償を受けることができます。

 

さらに、後ほど、ご紹介する海外旅行保険が充実したクレジットカード(しかも入会金・年会費が永年無料)も合わせて持っておくと、「傷害の治療費用」や「疾病の治療費用」の補償額は合算できるのでより安心です。

 

クレジットカードの保険については「バリ島への海外旅行保険はクレジットカードに付帯している保険で大丈夫?【2018年版】」をお読みください。

 

「ANAゴールドカード」は「ANA一般カード」「ANA To Me CARD PASMO JCB」とを比較すると、年会費は高いものの、空港での優遇や搭乗時の獲得マイル、付帯する保険など、飛行機への搭乗時にゴールドカードの方がお得になることが多々あります。

 

ですので、ANAの飛行機をよく利用する方はANAゴールドカードがオススメ。

 

「ANA VISAワイドゴールドカード」の申し込みキャンペーンも開催中ですので、お得ですよ!!

 

ただ、飛行機(ANA便)によく搭乗されている方は、すでに、このカードか、他のANAカードをお持ちですよね?

 

もし、ANAマイレージクラブカード(クレジット機能なし)やANA一般カードを使っている場合は、この機会に「ANA VISAワイドゴールドカード」に変えた方がいいですよ。

 

搭乗時のボーナスマイル25%も付くし、日々のお買い物でも一般カードの2倍のマイルをもらえるので!

 

チャートであなたに最適なクレジットカードをご紹介!

「説明されてもよくわからない?」
というあなた!

 

YES、NOで答えていくと、あなたに最もオススメのクレジットカードがわかります。
そして、具体的に何をしたらいいかも合わせてお教えします。

 

まずは、下記のチャートに沿って、自分がA,B,C,Dのどれになるかを調べてください。

 

ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

 

Aの方
(A,B,C,D共通の条件)
・ガルーダに載って、ANAマイルを貯めるためにANAカードを作る

 

・日頃のお買い物にANAのクレジットカードを使ってANAマイルを貯める

 

(Aの個別条件)
・日頃、飛行機(ANA便)はあまり利用しない

 

・ポイントサイトを使って早くお得により多くのマイルを獲得したい

 

1.「ANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)」)を申し込む
ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

ポイントサイトを使って、LINEルートと呼ばれる方法でANAマイルに交換する際に、最もお得に交換するために必須のカードになります。
→「ANA To Me CARD PASMO JCB」(ソラチカカード)の入会キャンペーン情報《お得な申込み方法》」

 

2.ポイントサイト「ポイントタウン」に登録する
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
→ポイントタウンに登録する

 

ANAマイルを最も効率よく貯めることができるポイントサイトです。

 

※1,2の理由を知りたい方は「《裏技》ANAのマイルを効率的に貯める方法!ポイントサイト経由で買い物して●倍のANAマイルを貯めるコツを公開【2018年版】」をお読みください

 

 

Bの方
(A,B,C,D共通の条件)
・ガルーダに載って、ANAマイルを貯めるためにANAカードを作る

 

・日頃のお買い物にANAのクレジットカードを使ってANAマイルを貯める

 

(Bの個別条件)
・日頃、飛行機(ANA便)はあまり利用しない

 

・手間がかかりそうなのでポイントサイトは使わない

 

1.「ANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)」)を申し込む
ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

ガルーダに載ってANAマイルを獲得するだけでは、なかなか特典航空券などをもらえるまで貯めるのは難しい。

 

なのでショッピングもして、マイルを貯める必要があります。そのために利用します。

 

また、今後、ポイントサイトも使って行く場合も、このカードが最もお得に交換するために必須のカードになります。
→「ANA To Me CARD PASMO JCB」(ソラチカカード)の入会キャンペーン情報《お得な申込み方法》」

 

 

Cの方
(A,B,C,D共通の条件)
・ガルーダに載って、ANAマイルを貯めるためにANAカードを作る

 

・日頃のお買い物にANAのクレジットカードを使ってANAマイルを貯める

 

(Cの個別条件)
・日頃、飛行機(ANA便)をよく利用する

 

・ポイントサイトを使って早くお得により多くのマイルを獲得したい

 

1.「ANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)」)を申し込む
ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

ポイントサイトを使って、LINEルートと呼ばれる方法でANAマイルに交換する際に、最もお得に交換するために必須のカードになります。
→「ANA To Me CARD PASMO JCB」(ソラチカカード)の入会キャンペーン情報《お得な申込み方法》」

 

2.「ANA VISAワイドゴールドカード」を申し込む
ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

飛行機(ANA便)搭乗時には、プラス25%のボーナスマイルがもらえ、入会・継続時のボーナスマイルも2,000マイルもらえます。

 

さらに、日頃のお買い物でも1,000円=10マイル(一般カードの2倍)がもらえます。

 

3.ポイントサイト「ポイントタウン」に登録する
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
→ポイントタウンに登録する

 

ANAマイルを最も効率よく貯めることができるポイントサイトです。

 

※1,3の理由を知りたい方は「《裏技》ANAのマイルを効率的に貯める方法!ポイントサイト経由で買い物して●倍のANAマイルを貯めるコツを公開【2018年版】」をお読みください

 

 

Dの方
(A,B,C,D共通の条件)
・ガルーダに載って、ANAマイルを貯めるためにANAカードを作る

 

・日頃のお買い物にANAのクレジットカードを使ってANAマイルを貯める

 

(Dの個別条件)
・日頃、飛行機(ANA便)をよく利用する

 

・手間がかかりそうなのでポイントサイトは使わない

 

1.「ANA VISAワイドゴールドカード」を申し込む
ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

飛行機(ANA便)搭乗時には、プラス25%のボーナスマイルがもらえ、入会・継続時のボーナスマイルも2,000マイルもらえます。

 

さらに、日頃のお買い物でも1,000円=10マイル(一般カードの2倍)がもらえます。

 

A,B,C,D共通で全員にオススメのクレジットカード【厳選最強の2枚】

海外旅保険は、クレジットカード付帯の保険のみで対応するという方

→大人だけで、海外旅行に行く場合など

 

海外旅行保険は、別途加入するという方

→疾病・傷病補償額を手厚くしたいという場合

 

→子供も一緒に海外旅行するが、クレジットカードの付帯保険に「家族特約」が付いていない、といった場合など

 

どちらの場合も

 

下記の2つのクレジットカード(入会金・年会費が永年無料)は持っておくことをオススメします!

 

1.「エポスカード」
ANA,マイル,クレジットカード,オススメ
ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

傷害治療費用200万円疾病治療費用270万円が付いています!

→エポスカード公式サイトはこちら

 

2.「楽天カード」
ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

傷害治療費用200万円疾病治療費用200万円が付いています!

 

両方合わせると

傷害治療費用400万円疾病治療費用470万円が付くことになります。
しかも、入会金・年会費が永年無料で。

※楽天カードの保険は利用付帯になります。楽天カードの利用付帯についてはこちらご覧ください

→楽天カード公式サイトはこちら

 

海外旅行保険に加入するという方も、この2枚のカードを持っておくべき理由

海外旅行保険に加入するという方も、大人はクレジットカードの補償でカバーし、子供だけ海外旅行保険に加入して、費用を節約するということもできるます。

 

または、大人だけで行く場合も、これらのカードの補償があることで、別途契約する海外旅行保険の補償内容を減らすことができて、費用削減できるからです。

 

例:三井住友海上「ネットde保険@とらべる」の場合

 

期間:2018年9月22日(土)〜9月27日(木)の6日間

 

場所:インドネシア

 

目的:観光

 

プラン:ファミリープラン4名

 

ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

 

タイプKは、クレジットカードにセットされている海外旅行傷害保険では補償が不足しがちな治療・救援費用、疾病死亡、弁護士費用に絞ったプランです。

 

海外旅行傷害保険がセットされているクレジットカードをお持ちの方、廉価な保険料水準をご希望の方向けのプランです。

 

タイプB:6,050円
タイプK:3,860円

 

比較すると
タイプKが2,190円安くなります

 

もし、クレジットカードを持っていなくて、毎年、海外旅行する場合、毎回この差額の費用が必要になります。1年ならともかく、10年で考えると、、、

 

2,190円×10回=21,900円の削減!

 

先ほどご紹介した「「エポスカード」「楽天カード」、どちらも入会費・年会費ともに無料で、海外旅行保険の補償が充実しています。

 

一度、申し込みすれば、ずっと、無料で海外旅行保険の補償が付いてくるので、ぜひ、この機会に申し込んでおくことをオススメします。

 

バリ島でのクレジットカードの保険については、「バリ島への海外旅行保険はクレジットカードに付帯している保険で大丈夫?【2018年版】」をお読みください。

 

ANAのクレジットカード利用で、いつバリ島への特典航空券(1往復分)がもらえるの?

それでは、ANA一般カードのクレジットカードを利用して(ソラチカカードを利用したとして)、バリ島1往復分の特典航空券を手に入れるのに、どのくらいお買い物をすればいいのでしょうか?

 

計算してみました!

<条件>
・年に1回バリ旅行をする

 

・ANAのクレジットカード「ANA To Me CARD PASMO JCB」で買い物をする

 

・買い物をする際は、ポイントサイトを経由しておこなう

 

1年間に貯まるマイルは、下記の通りです。

 

1.カードの入会or継続ボーナス
1,000マイル

 

2.搭乗によるマイル
1042マイル
年に1回バリ旅行(往路はエコノミークラス (T)、復路はエコノミークラス (S)とすると3472×0.3=1041.6 → 1042マイル)

 

3.買い物(年に100万円使うとすると)

 

3-1.クレジットポイント(ソラチカカードの場合は、JCBのOki Doki ポイント)
クレジットカード会社のポイントは10マイルコースを選んだとします。
(1,000円で1ポイント→10マイル)
カードで100万円を支払うと、1,000ポイント→10,000マイルが貯まります。

 

3-2.ポイントサイトのポイント
買い物100万円のうち、ポイントサイトのポイントタウン経由で楽天市場で50万円使っていたとすると

 

ポイントタウン100,000pt→LINEポイントに交換すると5,000ポイント→メトロポイントだと4,500メトロポイント→ANAマイルだと4,050マイル

 

3-3.楽天ポイント
年にお買い物で100万円使う内、楽天市場で年間50万円を使ったとして、ポイント還元率5%とすると、25,000ポイント→ANAマイルに交換すると12,500マイル

 

貯まるマイル(1年)
1,000 + 1,042 + 10,000 + 4,050 + 12,500 = 28,592マイル

 

一年間に28,592マイル2年間では57,184マイル貯まります。

 

・日本⇔バリ島往復の特典航空券(エコノミー)交換に必要なマイル35,000マイル

 

1年半〜2年以内でバリ島への往復特典航空券(エコノミー)がもらえる計算です。

 

しかし、もし、、、

 

バリ島旅行の際の飛行機のチケットのクラスが違う場合、もっとたくさんマイルを貯めることができます。

 

(例えば)
・バリ島への飛行機のチケットのクラスがエコノミーのYであれば、100%マイルを貰えるので1,042マイルではなく6,944マイルもらえます。

 

また、楽天市場以外での買い物でも、ポイントサイト(ポイントタウン)経由で購入できるものもたくさんあります。

 

(例えば)
・ヤフーショッピングでお買い物をする。
・エクスペディアなど旅行予約サイトでバリ旅行の航空券やツアーの申し込みをする。
・国内旅行をじゃらんや一休.comなどで申し込みをする。

 

そうなると、、、

貯まるマイル(1年)
1,000 + 6,944 + 10,000 + 4,050 + 12,500 + α = 34,494マイル +α

 

ほぼ、1年でバリ島への往復特典航空券(エコノミー)がもらえます!

 

さらに、ビジネスクラスで行くには60,000マイルあれば行けるので

 

2年以内にバリ島への往復特典航空券(ビジネス)がもらえます!

 

しかも!
今なら、入会や登録利用で、さらにマイルが貯まるお得なキャンペーンもあります!

 

まとめ

●ANAの便にあまり搭乗しない方は「ANA To Me CARD PASMO JCB」1択のみ!

 

●ANAの便によく搭乗する方はANAゴールドカードがオススメ

 

●バリ島への特典航空券(往復)の獲得は、お買い物やポイントサイトも活用すれば1年で可能!

 

ANA,マイル,クレジットカード,オススメ

ガルーダのマイルを貯めていても、ほとんどの方は、何年経ってもバリ島への特典航空券(1往復分)をもらうことができないので、あまり、ANAの便に搭乗しない人でも、このノウハウを使うと、1年以内にバリ島への特典航空券(1往復分)をゲットできるのは、うれしいですよね!

 

旅行まで、2週間くらい前であれば、間に合うと思うので、ぜひ、今すぐ申し込みをして入会マイルや搭乗時のボーナスマイルでより多くのマイルをゲットしてください!
→「ANA To Me CARD PASMO JCB」(ソラチカカード)の入会キャンペーン情報《お得な申込み方法》

 

そうすると、次回はバリ島への特典航空券を使って、ビジネスクラスでバリ島へ行けるかも!